メニュー

クリニックの検査及び手術機械について

【目次】

保険診療検査

保険診療で特に力を入れていることは、日帰り手術、めまい検査(平衡機能検査)、補聴器検査、睡眠ポリグラフ検査(簡易睡眠検査)の4つです。

(1)電子内視鏡システム:オリンパス社製

NBIという観察手法が可能な内視鏡です。がん診断には効果を発揮し、耳鼻咽喉科領域ではこの内視鏡だけで約90%以上の確定診断率があります。
この内視鏡システムと(2)手術器具を用いて、日帰り手術を行います。

ビデオシステム
  • VISERA ELITE:NBIビデオシステム、OTV190、CLV-S190)
  • VIDEO SCOPE:ENF-VH(NBI内視鏡)
  • 高解像LCDモニター(ハイビジョンモニター):OEV262H
    2016年9月に購入

(2)手術器具

  1. マイクロデブリッターシステム:メドトロニック社
    慢性副鼻腔炎の手術に使用
    2019年4月購入
    メドトロニック社ホームページ
  2. アルゴンプラズマ凝固装置 VIO 200 S 
    アレルギー性鼻炎の手術に使用
    2020年7月に購入
    株式会社アムコホームページ

(3)平衡機能検査機器

めまい検査(平衡機能検査)に使用します。平衡機能検査には簡易検査(スクリーニング検査)と精密検査があります。

簡易検査(スクリーニング検査)には下記の①と③を、精密検査には下記の①と②を使用します。

①赤外線眼振画像TV装置
  • IME2:永島医療器械株式会社

フレンツェル氏眼鏡を参照
2016年9月に2台購入
永島医科器械株式会社ホームページ 

②電気眼振計
  • NY-50:RION株式会社

2019年に購入
RION株式会社ホームページ 

③重心動揺計検査
  • GP-7:アニマ株式会社

2017年に購入
アニマ株式会社ホームページ

(4)聴力検査及び補聴器適合検査機器

補聴器検査に使用します。

①聴力検査機器
②補聴器適合検査機器

(5)睡眠ポリグラフ検査機器

自宅で行える簡易睡眠検査に用います。

  • LS-140:フクダ電子株式会社

2019年8月に2台購入

フクダ電子株式会社ホームページ

(6)超音波検査

一般診療では超音波検査機器なども用いて、早期診断を目指しています。

自費診療検査

(1)体のエイジングケア検査(エイジングケア・ドック検査)機器

体全体のエイジングケア―を希望される方に①②をおすすめしています。

そして、運動療法の場合は、下記をおすすめします。

①骨年齢の検査(骨密度検査)

個別に希望される方

  • A-1000 Express:GE横河メディカルシステム株式会社
    2012年4月に購入
②血管年齢の検査(脈波図)
③酸化ストレス度検査

何となく体調が悪いという方には酸化ストレス度検査を行い、酸化療法か抗酸化療法かの治療法の選択を行います。そして、酸化療法を行う方は(3)オプション検査をおすすめしています。

(2)肌のエイジングケア検査機器

顔の肌のカウンセリングに用います。

(3)オプション検査

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME