メニュー

ピアッシング

ピアッシングご希望の方は、
まずお電話にて「ピアッシング希望」とご予約ください。

ピアッシングの料金についてはこちらをご覧ください。

はじめに

ピアスはイヤリングと違って紛失の心配がなく、またピアッシング(ピアス穴を開けること)は短時間の簡単な手術(処置)で行えます。かなりの美容効果が得られるため、日本でも幅広い年齢層に浸透しています。

ピアッシング

  1. ピアッシングの実際

    ピアッシングの実際

    穴の位置を決める:
    鏡を見ながらピアス穴の位置を決めます。

  2. ピアス・ガンを用いる場合:
    当院には各種ピアスを置いていますので、まずその中からご希望のピアスを選んでください。そして、冷却パックで耳たぶを冷却し、ピアス・ガンを用いて一瞬で穴を開けます。麻酔をしなくても良い方法ですが、あまり痛くありません。
  3. 局所麻酔が必要な場合:
    耳介軟骨やボディーのピアッシングは、麻酔薬を注射してから予定の位置に穴を開けます。もし血が少し滲み出ても、自然に止まるため心配いりません。ご希望の方は、必ずピアスを持参してください。

各種ピアス

アフターケア

  1. ピアッシングの後は毎日消毒が必要です。
  2. 2カ月間は1日中ピアスを外さないようにして下さい。
  3. ピアス穴が本当に完成するには、6ヶ月程かかります。その間は、穴の縮小を防ぐため太めのピアスを長時間付けたままにしておく事をお勧めします。

ピアッシングご希望の方は、

まずお電話にて「ピアッシング希望」とご予約ください。

ピアッシングの料金についてはこちらをご覧ください。

副作用について

当院では、滅菌されたファーストピアスを用いて行っています。感染のリスクも少なく安
心して受けていただけます。ピアッシング後に赤み、腫れ、出血などを生じることがあり
ますが、時間がたてばこれらの症状は改善します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME