メニュー

アレルゲン免疫治療法

アレルゲン免疫治療法とは?

アレルゲン免疫療法とは、アレルギーの原因であるアレルゲンをごく少量から体内に取り入れ、少しずつ量を増やしながらこれを繰り返します。アレルギーが起こらないように体を慣らしていく治療法です。
根本的な体質改善を期待する方法で、舌下免疫療法と皮下免疫療法の2つがあります。

舌下免疫療法とは

2014年10月にスギ花粉症、2015年12月にダニのアレルギー性鼻炎に対して、舌下免疫療法の保険診療が開始されました。スギ花粉症に対しては、スギ花粉のエキス(シダキュア舌下錠)、ダニのアレルギー性鼻炎に対してはダニのエキス(ミティキュア舌下錠)を毎日舌下に投与することで、アレルギー症状を和らげる治療法です。 治療効果として、10~20%の人は症状が消失し、80%程度の人には症状の改善効果が期待できます。当院ではスギ花粉、ダニの舌下免疫療法を行っています。
最初の1週間は低用量の舌下錠から開始し、2週目からはずっと同じ量の薬を舌下投与します。通常治療期間は最低でも3年間必要です。

 

皮下免疫療法とは

花粉などのアレルゲンを含んだ注射を低濃度から開始し、徐々に濃度を上げていきます。毎週1回の注射を続け、徐々に間隔をあけて、毎月1回の注射を3年以上継続します。根気よく、計画的に通院していただく必要があります。また、アナフィラキシーといわれるアレルギー反応が起こる可能性もあります。当院ではカモガヤ花粉、ブタクサ花粉の皮下免疫療法を行っています。

舌下免疫療法と皮下免疫両方の比較

以下のように舌下免疫療法は皮下免疫療法よりもメリットが多いです。

  舌下免疫療法 皮下免疫療法
投与方法 舌下投与 皮下注射
投与場所 自宅(初回のみ医療機関) 医療機関
痛み なし あり
重篤な副作用のリスク ほとんどなし 稀に
治療期間 3~5年 3~5年
治療効果 8割以上の方が改善 7~8割の方が改善
舌下免疫療法の効果
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が軽くなる、または消失する
  • 涙目、目のかゆみの症状が軽くなる、または消失する
  • スギ花粉やダニシーズンの生活が楽になる(QOLの改善)
  • スギ花粉飛散期のアレルギー治療薬の減量、または使用しなくてすむ
このような方にお勧めです
  • 治療期間が長くても、スギ花粉やダニに対するアレルギーがなくなることを望んでいる方
  • 飲み薬やスプレーをしてもあまり効果がない方
  • 眠気や口の乾きなど内服薬の副作用がひどい方
  • レーザー治療に抵抗がある方、または行なっても症状が改善しなかった方
舌下免疫療法を行う前に
  • スギ花粉、ダニの治療法であるため、その他のアレルギー(ヒノキ、カモガヤブタクサなどの花粉)では効果が期待できません。
  • 舌下免疫療法により、全ての患者さんが完全に治癒するわけではありません。
以下のいずれかがあてはまる方は治療を受けることができません。
  • 5歳未満の小児の方
  • 重い気管支喘息の方
  • スギ花粉症、ダニのアレルギー性鼻炎ではない方
下記にあてはまる方は治療に際して注意が必要です。
  • アレルゲンを使った治療や検査、または食べ物によってアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 気管支喘息の方
  • 高齢の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 抜歯や口の中の術後、または口の中に傷や炎症などがある方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 他に服用中のお薬がある方(非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬 etc.)
  • 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
  • スギ花粉、ダニ以外のアレルゲンに対しても反応性が高い方

舌下免疫療法の具体的な流れ

治療開始時期

スギ花粉症に対しては、安全性の面からスギ花粉の飛散時期(2~4月)は新規で治療を開始できません。

治療期間

通常、治療期間は3~5年必要です。最低でも3年以上は治療を継続してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME